MOCOのつぶやき

dogmoco.exblog.jp
ブログトップ

「動物の愛護及び管理に関する法律」改正

昨日、説明会に行ってきました。
以前から環境省のHP等をチェックしていましたが、
実際に説明会に出てもこの法律には疑問な点がいっぱいでした。

例えば家庭内繁殖。
家で生まれた子を譲る場合(複数回)、譲る側は動物取扱業の登録が義務付けられます。
もし、登録をせずに譲ると法的に罰せられます。
登録をしていない人から仔犬を買う(貰う)と、譲られた側も罰せられます。
・・・・でも、複数回って何回?

幼齢動物の販売などの制限。
・・・・でも、幼齢って、実際には生後何週?

仲介業者等、販売前2日間の目視。
・・・・でも、北海道の犬を沖縄の仲介業者が東京の顧客に販売なんてケースの場合、実際目視しているのか確かめる方法なんてないんじゃないの?目視するとしたら、仔犬はあっちに行ったりこっちに行ったり、こっちのほうが仔犬にとっては迷惑だと思うけど。

その他にも???な事ばかり。
こんなので大丈夫なのでしょうか?

とにかく、この法律は動物の売買に限らず、飼育方法にもこの法律は及んでいます。
鳴き声・臭い・虐待・ノーリード・・・etc.
動物を取り扱う業者だけではなく、動物にかかわる人(ペットを飼っている人も含め)全ての人が、倫理観の上で行動しなければ、何の意味も無くなってしまいます。

この法律を生かすも殺すも、
結局はみんなにかかってくるという事でしょうか。
[PR]
by dogshopmoco | 2006-05-21 17:34 | わんちゃん

店主の気ままな日々・・・


by dogshopmoco